人間関係の悪化

photo credit: dmitryzhkov 2_DSC8891 via photopin (license)

人間関係 悩み相談

人間関係が悪化したら冷静になって考え直したい3つのこと。

更新日:

人は生きている限り「人間関係」で悩みます。

悩み、不安がない人は死んだ人だけです。そしてその悩みやストレスのほとんどが「人間関係」から生まれます。社会は人と人の繋がりでできています。人と人はともに生きるからこそ喜びを感じ、ときに人と人はともに生きるからこそ傷つけあうのです。

人間関係の悩みはあなたが生きている限り、何度もあなたに立ちはだかり、あなたを悩ませます。そんなとき、あなたが悩みを少しでも解決できるよう、人間関係が悪化したときに冷静になって考え直したいことを3つほどご紹介したいと思います。

 

1.  人間関係が悪化した原因を考え直す。

人間関係が悪化するときにはいろいろなケースが考えられます。なんとなく疎遠になってしまった、いつのまにか関係が悪化してしまった。または「原因がはっきりわかっている」とあなたが考えるケースもあるでしょう。

しかし、もしあなたが本当に修復を望むのであればあなたがこれが原因だと思っていることは「すべてが仮説である」ことを疑ってはいけません。人間関係は相手がいてなりたつものです。つまり相手の本心を聞くまでは、すべてあなたの思い込みに過ぎないということです

大喧嘩をして、明らかに原因がはっきりしていると思っていても、そこには必ず「背景」が存在しているはずです。相手はあなたの些細な態度に対して不満が蓄積していたのかもしれませんし、ただ嫉妬していたり、なんとなく気にくわないと思っていたのかもしれません。

つまり表面化した争いごとだけをみるのではなく、本当の原因について相手の本心を聞くまではなにもわからないということです。ましてや原因がわからないのに、具体的な解決策を考える必要はありません。

人間関係が修復したときに最初にやるべきことはただひとつだけです。
その人とどうしても関係を修復したいと願うなら「徹底的に話あう」こと。それ以外ありません。

話し合ったあと、具体的な改善点を考えてください。あなたの思い込みだけで原因をきめつけてはいけません。
もちろん理詰めで話あうことも大切ですが、その際にはかならず関係を修復したいという思いが伝わるように話すことも忘れないでください。怒りや不快感が先行してしまい、どうすればいいかわからない、自分から謝るのは嫌だ、とさまざまな感情が入り乱れる場合もあると思います。そういうときは話あうまえに自分が妥協できないところを具体的に提案できるように準備しておきましょう。

黒羊のムウ
あなたの思い込みだけで原因を決めつけてはいけないよ。人間関係は相手があってこそだよ。

 

2. 本当にその人と付き合うべきなのか考え直す。

人間関係が悪化し、あなたの「不快な感情」が「修復したいという感情」をあきらかに優っている場合、深く追わないことも大切です。怒りや疎遠になる理由には必ず背景があります。

修復したい!と強く思わない場合、それが「縁の切れ目」といわれるものです。その人につよい執着を感じなくなっていたら、それは「縁」がきれているということです。

恋愛に関する人間関係の場合

とくに恋愛の場合は付き合い当初の時期から、二人の関係がつぎのステップ以降にすすむさい冷静になって相手をみることが大切です。恋愛、または結婚にまで発展する恋の場合、その見極めは極めて重要なものになります。

もしあなたが「この人は違う」と直感的に感じた場合、深く追いかける必要はありません。

その人はあなたの人生にとって絶対にいなくてはならない存在でしょうか?一度、冷静になって考えてみましょう。

白羊のユメ
有名なキャリアウーマンが「地球上には男が35億いる!」って言ってるのを聞いたことあるよ。

恋愛をしている、したいと思った時「恋愛の癖」を客観的に知っておくことも長続きする相手をみつける大事なポイントです。自分が恋い焦がれるタイプと、本当に相性のいいタイプとは違います。相性のいい人はどういう人か知りたい方はあなた自身のことを知る努力も必要です。

あなたの結婚力はどのくらい?
あなたの恋愛の癖、本当にわかってますか?【5分でできる無料の婚活診断テスト】

※診断を受けることができるのは26歳以上の方限定となります。   あなたはこんなことを思ったことはありませんか? 彼は本当に結婚する気あるのかしら? 私、30超えたしこのまま一生結婚できない ...

続きを見る

仕事関連での人間関係の場合

そうはいっても仕事関係で離れたくてもはなれられないという人もいます。そういった場合は「距離」を考え直しましょう。いつもランチを一緒に行っていたら、自前で弁当を用意してその時間は一緒にいない「挨拶はするけど、ランチは一緒にいかない」などきちっと線をひきましょう。

あなたがきひっと線をひけば、それは相手にも伝わります。適切な距離をとることも、人間関係を改善するコツです。人間関係は相性のよしあしだけでなく立場や環境によってかわるものです。そのことを肝に命じながら、TPOにあわせた距離をつくることがストレスを感じなくするための重要なポイントです。

 

3. 本当にその場所 (環境) にいるべきなのかを考え直す。

最後に考え直すべきことは、本当にあなたがその場所にいるべきかどうかです。人間関係がおたがいの精神的な問題として解決に至らない、もしくは解決が望めない場合は物理的に離れることを考えましょう。

家族や恋人であれば少し物理的に距離をとりましょう。連絡をしないということも大切ですが、実際に離れて暮らしてみることも大切です。離れてみてふたたび相手のありがたみがわかることもありますし、やはりはなれたままのほうがいいということもあります。それは離れてみて初めてわかることで、いまの距離では絶対にわかりようのないことです。

白羊のユメ
離れてわかることってたくさんあるよ。

職場での人間関係であれば転職を真剣に考えることです。転職活動をはじめてみるだけでも違います。他社とくらべてみるだけで、自分の会社のいいところやわるいところもわかるでしょう。あなたがひどいストレスを感じているにも関わらず「仕事だから仕方ない」ですませてしませていると最悪な結果にもなりかねません。

転職活動で年収が下がったらどうしよう?家族はどう思うだろう?あたらしい場所でうまくやっていけるだろうか?そういった不安は仕事が続けられるという前提でなりたっていますが、精神的な病にかかってしまうと仕事そのものが続けられなくなってしまいます。

肉体的な病の多くは治ります。しかし精神的な病に一度かかってしまうと、そのほとんどが完全には治らないものだということを肝に命じておきましょう。

とくに仕事のストレス、人間関係のストレスで眠りが浅くなったら赤信号です。眠りは人間生活の3分の1をつかう大切な休養時間。疲れている、悩んでいる時ほど十分な休養をとるように心がけましょう。

睡眠薬使わない、使いたくない
睡眠薬は使わない!眠りたいなら薬のかわりに栄養をとりなさい。

夜が怖い・・睡眠薬を使いたくないけど、使わないと眠れない! 睡眠薬を使わなければ寝れない、だけど睡眠薬を使いたくない。その気持ちとてもよくわかります。私自身、20代のころ、睡眠薬に頼らざるえない生活を ...

続きを見る

 

人間関係の悪化は「あなただけで解決できる」・・・わけではない。

人間関係の悪化は「ズレ」が生じて生まれます。あなたと相手とのなんらかの「ズレ」です。それはあなたが今いた場所からズレたのかもしれませんし、相手がズレたのかもしれません。そしてあなたたちが知らない原因でズレたかもしれません。

なんにせよ、人間関係の問題で悩んだ時は、自分だけですべて解決できる問題とは限らないと、言い聞かせて冷静になることが大切です。そのうえで以下の3つをしっかりとかんがえてみましょう。

  1. もういちど原因を考えてみる。
  2. その人と付き合うべきか考えてみる。
  3. その場所にいるべきか考えてみる。
黒羊のムウ
自分だけで背負いこみ過ぎないことも大切だよ。

 

SPONSORED LINK


SPONSORED LINK




-人間関係, 悩み相談

Copyright© 夢占い『夢人日記』 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.