夢占いで撃たれる意味/解釈は?!対人関係の深まりを暗示しています。

夢占い 撃たれる

撃たれる夢は、人と人との深まりを表しています。

誰に撃たれたか、撃たれてどうなったかによって暗示が異なってきますので、見た夢の内容をよく思い出してみましょう。

異性に撃たれる夢は、恋愛運の上昇を暗示しています。

恋の成就が期待できたり、恋人との良好な関係が長く続いたりと、恋愛面において良いことが起こるでしょう。

撃たれたが全く痛くない夢の場合は、人の痛みが分かっていない証拠です。

知らず知らずのうちに他者を傷付けている恐れがありますので、自分の行動を思い返してみるとよいでしょう。

それでは、あなたが見た夢の内容をよく思い出し、じっくりと照らし合わせながら分析していきましょう。


ひとりで苦しみを抱えていませんか?

もし誰にも言えない深い悩みを抱えてるなら、占い師に相談してみてはいかがですか?
当サイト推薦の『電話占い』なら、年中無休24時間、ベッドの中から今すぐ相談できます。

\\もっと詳しく知りたいあなたへ//
※今だけ10分間の無料相談実施中

撃たれる(吉夢パターン)

まずは吉夢のパターンから見ていきましょう。

自分が撃たれて死んでしまった

物事がリセットされる暗示

近いうちに不快に思っていることや悩みなどが一気に解消し、物事をリセットすることができるでしょう。

それに伴い、あなたの心には探求心が湧き、何事においても意欲的に行動ができるようになります。

これをきっかけに、新たな気持ちでさまざまなことに挑戦すると、人間関係の輪が広がり、あなたにとって大変プラスとなるでしょう。

異性に撃たれた

知らない異性に撃たれた場合

一目惚れのような恋をする可能性があります。

あなたの心を一瞬にして虜にするような、理想的で素敵な異性と出会う可能性が高いでしょう。

出会いは突然やってきます。

いつ出会ってもよいように、普段から身だしなみには気を付けておいた方がよいでしょう。

片思いの人に撃たれた場合

恋が成就する暗示です。

片思いの相手と思いが通じ合い、恋が成就する可能性があります。

好きな異性の方からアプローチをされ、恋が実るかもしれません。

これからの2人の発展に大いに期待しいてよいでしょう。

恋人に撃たれた場合

恋人との良好な関係が長く続く暗示です。

現在の恋人と長く一緒にいられるでしょう。

互いに思いやり尊重し合うことで、揺るぎない絆が生れます。

これからも素敵な恋愛関係を築いていってください。


撃たれて血が出ていた

全体的な運気の上昇を暗示

人間関係の輪を広げることができたり、好きな異性と交流を持てたりと、人と関わることに対して良いことが起こる暗示です。

縁起の悪い夢と感じるかもしれませんが、撃たれて血が多ければ多いほど運気が大きく上昇する表れです。

人との関わり合いを大切に、これからも良好な対人関係を築いていきましょう。

知人・友人に撃たれた

その人物との関係の深まりを暗示

面識のある人に撃たれた場合は、その人物との深まりを意味します。

この先、何かがきっかけでその人物と急速に関係が深まるでしょう。

例え喧嘩などのトラブルが起きても、その出来事がお互いをより理解し合うきっかけとなり、トラブルを乗り越える毎に強い絆が生れます。

今はそんなに親しくない間柄の人物であったとしても、今後大きな関係の変化が訪れます。

そのことを意識しながらその人物と接すると、より早く関係が深まるでしょう。

撃たれる(凶夢パターン)

続いて凶夢のパターンを解説していきます。

撃たれたが撃ち返した

対人関係の悪化を暗示

他者と些細なことから激しい口論になり、関係が悪化する危険性があります。

特に仕事仲間との関係の悪化が懸念されますので、十分に注意しましょう。

お互いの価値観をぶつけ合う激しい口論に発展してしまう危険性があり、そうなるとどちらかが折れない限り、関係の修復は難しくなってしまいます。

もし少しでも自分に非があったのならば、意地を張らずに早めに謝罪することをお勧めします。

撃たれたが全く痛くなかった

人の痛みを分かっていない表れ

あなたは知らず知らずのうちに人を傷付けて、そのことに全く胸を痛めていないようです。

相手の気持ちを考えず、自分本位な発言や言動を繰り返して、反省することもなく平気な顔をしているのではないでしょうか?

物事に対して鈍感過ぎると、対人関係の悪化を招いてしまいます。

また、鈍感さを改善しようとせずに当たり前のように過ごしていては、周りの人があなたから離れていき、最後には孤立に追い込まれてしまうでしょう。

そうならないためにも、人の痛みが分かる人間になる努力をしてください。

「気付かなかったから」「知らなかったから」ではなく、気付く努力、知る努力をしていきましょう。